淡路

  • 印刷
フジバカマに集まるアサギマダラ=南あわじ市灘黒岩、諭鶴羽神社
拡大
フジバカマに集まるアサギマダラ=南あわじ市灘黒岩、諭鶴羽神社

 兵庫県南あわじ市の諭鶴羽山(607・9メートル)に、季節ごとに移動する渡りチョウ「アサギマダラ」が飛来した。山上の諭鶴羽神社でも群れをなして飛び交い、淡い水色の羽で参拝者や登山客らを楽しませている。

 チョウ目タテハチョウ科。羽を広げた幅は約10センチ。夏に北日本や日本各地の標高が高い場所に生息し、秋になると越冬のため南下する。台湾まで渡る個体もおり、移動距離が千キロ以上になることもある。

 諭鶴羽山は、和歌山などから四国、九州への通り道。昨年、麓の住民らが神社の敷地内に、アサギマダラが好んで蜜を吸うフジバカマを植えたところ、今秋は飛来が集中。10月上旬には数百匹が乱舞したという。環境省自然公園指導員の生嶋史朗さん(59)は「来年以降もたくさん飛来する可能性が高い」とする。同神社は敷地内での捕獲を禁止し、奥本憲治宮司(59)は「これほどの数のチョウは初めて。きれいな姿を見て心を癒やしてほしい」と話している。(西竹唯太朗)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(1月29日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 1℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ