淡路

  • 印刷
点灯したイルミネーション=南あわじ市賀集
拡大
点灯したイルミネーション=南あわじ市賀集

 クリスマスが近づき、兵庫県南あわじ市賀集の賀集地区公民館駐車場に、高さ約6・1メートルの電飾「イルミネーションツリー」がお目見えした。青や紫、緑色の電球がツリーの周囲をらせん状に彩るデザインで、鳴門海峡の渦潮をイメージした。1月16日まで。

 イルミネーションは、地元住民でつくる賀集地域づくり協議会と、南あわじ市商工会の賀集支部のメンバーらが初めて企画した。長引く新型コロナウイルス禍で、自粛など不自由な生活を送る地域住民に「希望の光」を届けようと、19日夜に点灯式があった。

 約5千個のLED電球を使用。鳴門の渦潮を世界遺産に登録する機運も高めようと、装飾のデザインを渦状にした。同館の中田真一郎館長(67)は「暗い話が多いけど、イルミネーションを見に来て明るい気分になってもらえたら」と話している。

 午後5時~同10時に点灯している。(西竹唯太朗)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ