淡路

  • 印刷
選挙戦を振り返り、抱負を語る上崎勝規氏=洲本市栄町1
拡大
選挙戦を振り返り、抱負を語る上崎勝規氏=洲本市栄町1
選挙戦を振り返り、抱負を語る上崎勝規氏=洲本市栄町1
拡大
選挙戦を振り返り、抱負を語る上崎勝規氏=洲本市栄町1

 兵庫県洲本市長選から一夜明けた7日、初当選した元副市長の上崎勝規氏(66)が、洲本市栄町1の事務所で報道各社の取材に応じ、抱負を語った。子育て支援の公約「中学生までの子ども1人につき年10万円の支援金」については、所得制限を設けて秋ごろの支給を目指す考えを示した。22日に初登庁する。(吉田みなみ)

 上崎氏は3人の新人候補者のうち、最も早い昨年11月に立候補を表明したが、知名度不足に悩まされたという。「当選証書を受け取ってやっと実感が湧いた」と切り出した。上崎氏の得票数数9892に対し、次点の氏田年行氏(53)は7274票。「相手候補に入った票は、これまでの行政の変化と新しい出来事に期待する市民の声として、真摯(しんし)にとらえなければいけない」と話した。

 中学生まで年10万円を支給するには、最大で約4億5千万円の予算規模が見込まれるが、高所得世帯を除く考えという。財源はふるさと納税寄付金を充てるとし、「しっかり制度設計をした上で開始したい」と話した。

 選挙戦では、民間企業との連携によるにぎわいの創出も訴えた。市がすでに五色地域に計画中の道の駅に加え、洲本地域への新規整備にもあらためて意欲を示した。「中心市街地に観光拠点をつくることが重要」という。

 ふるさと納税を巡っては、市が返礼品の調達基準に違反した疑いがあるとして総務省の調査を受けている。この点について上崎氏は、「国から不足部分を指摘されれば改善する」と述べた。副市長時代にふるさと納税寄付の受け入れを推進した立場で、「チャンスをつかむためにスピード感が大切な一方で、きちんと手続きを踏むことも重要」と振り返った。

 退任する竹内通弘市長の施策を継承するとの見方に対しては、「選挙を通して市民や民間企業の柔軟な思考を聞いた。市政運営に新しい考え方を取り込めるようにする」と力を込めた。

淡路選挙
淡路の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ