淡路

  • 印刷
会場内に設置されたキャラクターのパネルで撮影する来園者=南あわじ市八木養宜上
拡大
会場内に設置されたキャラクターのパネルで撮影する来園者=南あわじ市八木養宜上
今月配信が始まった淡路島が舞台のRPG第2弾=南あわじ市八木養宜上
拡大
今月配信が始まった淡路島が舞台のRPG第2弾=南あわじ市八木養宜上
ゲームをダウンロードし、抽選会に参加する家族=南あわじ市八木養宜上
拡大
ゲームをダウンロードし、抽選会に参加する家族=南あわじ市八木養宜上

 淡路島と宮城県石巻市、それぞれを舞台にしたスマートフォン用ロールプレーイングゲーム(RPG)の共同プロモーションイベントが23日、兵庫県南あわじ市八木養宜上の観光施設、淡路ファームパーク・イングランドの丘で始まった。(中村有沙)

 淡路島のRPGは、淡路県民局や島内3市などでつくる淡路島日本遺産委員会が、日本遺産「国生みの島・淡路」への関心を高めようと企画。地方を舞台にしたRPG開発の経験があるさいたま市内の企業に開発を委託し、2019年に配信を始めた。

 基になっているのは、日本遺産の四つのストーリー。弥生-古墳時代の淡路島にタイムスリップした男子高校生が仲間と旅する物語で、日本遺産を構成する31の文化財も登場する。

 同委員会は、国生み神話の魅力をさらに深く伝えたいと、新たにRPG第2弾を製作。今月から配信を開始した。主人公はイザナギ、イザナミ。2神が魔物に奪われた神器「天沼矛(あめのぬぼこ)」を取り戻す内容という。

 イベントは第2弾の配信を記念し、同委員会が主催した。淡路島の取り組みを参考に、同じく地元を舞台にしたRPGを企画、配信した石巻市にも呼び掛け、共同でプロモーションすることにした。

 会場では、島産タマネギのスナック菓子や同市産ノリなどの特産品、ゲームに登場するキャラクターグッズが当たる抽選会を開催。ゲームをダウンロードすると参加でき、新規ユーザーの獲得につなげる。キャラクターの等身大パネルを設置したほか、クイズ大会なども催す。

 この日、ゲームをダウンロードした神戸市須磨区の主婦(35)は「(ゲームを)初めて知った。せっかくなので帰ったら息子とやってみたい」と話した。

 抽選会やクイズ大会は24日まで。午前9時半~午後4時半。パネルは、イングランドの丘の「国生みの館」で引き続き展示する。

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(6月26日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ