淡路

  • 印刷
大阪湾が広がる景色をゆったりと眺められる=淡路市楠本、アート山大石可久也美術館
拡大
大阪湾が広がる景色をゆったりと眺められる=淡路市楠本、アート山大石可久也美術館
80代の頃、アトリエで創作に励む大石可久也さん(撮影・石上栄毅さん)
拡大
80代の頃、アトリエで創作に励む大石可久也さん(撮影・石上栄毅さん)
「こんぶ浜」(左)などの絵画が並ぶ展示室=淡路市楠本、アート山大石可久也美術館
拡大
「こんぶ浜」(左)などの絵画が並ぶ展示室=淡路市楠本、アート山大石可久也美術館
大石可久也さんが描いた「海」(1995年)寄贈・アトリエ安藤忠雄=神戸市中央区加納町6、「こども本の森 神戸」
拡大
大石可久也さんが描いた「海」(1995年)寄贈・アトリエ安藤忠雄=神戸市中央区加納町6、「こども本の森 神戸」
大石可久也さんのアトリエを再現した展示空間=淡路市楠本、アート山大石可久也美術館
拡大
大石可久也さんのアトリエを再現した展示空間=淡路市楠本、アート山大石可久也美術館

 輝く水面を眺めてはつぶやいた。「宇宙の神秘を感じるわ」。淡路島で生まれた画家は、94歳で亡くなるまで海を愛した。75歳の頃に決心して、ボランティアとれんがや石を積み上げ、兵庫県淡路市楠本に自作を飾るアート山大石可久也(かくや)美術館を築いた。激動の生涯を振り返る「アートの旅路」展が同館で開催中だ。大阪湾を望む絶景、野鳥のさえずり、新緑を吹き抜ける潮風…。山全体が五感に訴える壮大な作品になっている。(小林伸哉)

 「創ることは生きる喜び」と語り、海を描き続けた。大石可久也さんは1924年、淡路市釜口(旧釜口村)に生まれた。太平洋戦争末期に海軍へ召集され、広島県の呉で爆撃を受け、原爆投下も目撃した。

 淡路島や阪神間の小学校で図工を教えた。「下手に描こう」「人が描かんやつを描かんとあかん」と呼び掛け、「あんた天才やな」と褒め上手で今も教え子から慕われる。64年、教職を辞して画家へと転身した。

 若き日に画家を目指して、淡路島を離れた大石さんは88年、約40年ぶりに拠点を古里に戻した。エッセーで「海が恋しくなったからだ」と振り返っている。

 手作りの美術館を設けた「アート山」は、もともと牛が放牧された傾斜地だった。海抜約64メートルから海を見渡す立地で「緑もあって、ここ全体がキャンバスや」と大石さんは魅せられた。美術館の構想スケッチを周囲に見せて「絶対に創るんや」と熱く語っていた。

 2000年の草刈りから始まり、舟のような形の美術館が04年にオープン。天井に届く流木を展示室に据え、約2千平方メートルの敷地にれんがや石を積み上げ、塔や門柱を立てた。遊歩道やテラス、小屋も設け、地中海に面した欧州の街を思わせる。点在する女神のオブジェは、青い空と海を悠々と泳ぐようだ。

 建築家安藤忠雄さんも大石さんとアート山にほれこんだ。大石さんが大海原を描いた150号の大作「海」の購入を決めて、神戸市に寄贈。今年3月に三宮・東遊園地でオープンした「こども本の森 神戸」で飾っている。本展はこの展示を記念して企画した。

     ◇

 多彩な海の表現で大石さんの「アートの旅路」を見せる。北海道の荒波から淡路島の穏やかな水面まで、本展で絵画約60点を飾る。

 俯瞰(ふかん)的な構図は、ブリューゲルの画風を思わせる。代表作「こんぶ浜」(93年)は、海辺で昆布を干して働く人々の傍ら、居眠りする人もいて、見入ってしまう。一つ一つの石まで丹念に描き、人々や海鳥への愛情がにじむ。発表当初はいなかった人物像が、後に描き加えられた。悠然とたたずむ大石さんのようで、遊び心が垣間見える。

 北国で雪に降られつつ、スケッチを続けた。「そりと雪んこ」(82年)は、雪上に座る少女と見つめ合うような感覚にさせる。小樽運河を描いた「消えゆく運河悲し」(85年)は、自ら「名作」と誇った油絵だ。

 淡路島の明るく澄んだ海の絵は、潮目や波、漁船の航跡まで細部を描いて、見飽きることがない。アトリエを再現した展示が見どころで、1950~60年代の初期作の披露も珍しい。

 大石さんは「もっと人生楽しまな」が口癖で、晩年までアート山を創り続けた。88歳まで脚立に上り、90歳頃まで階段を一段飛ばしで駆け下りた。今月19日が命日で亡くなって4年がたった。「愛情が深い」「妥協せずに思いを貫いた」…。親しい人々は懐かしむ。

 妻の鉦子(しょうこ)さん(82)は、亡き伴侶を思う。「私の中に入って、今も一緒に創り続けている」と。

     ◇

 6月26日まで。月・火曜は休館。大人800円、学生600円、中学生以下無料。ワークショップなど随時開催。アート山大石可久也美術館TEL0799・74・5565

淡路神戸
淡路の最新
もっと見る
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ