淡路

  • 印刷
海水浴場が開設される大浜海岸=洲本市
拡大
海水浴場が開設される大浜海岸=洲本市

 兵庫県・淡路島内3市は9日、海水浴場を3年ぶりに開設すると発表した。慶野松原や大浜、岩屋など計12カ所。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、まん延防止等重点措置などの行動制限がないことを受けて決めた。更衣室の分散利用を呼び掛ける看板の設置など、感染防止に配慮する。(西竹唯太朗、中村有沙)

 一昨年と昨年は、コロナで都市部の海水浴場が軒並み閉鎖され、島内に海水浴客が押し寄せて密になる恐れがあるとして中止した。

 今夏、南あわじ市は4カ所の公設海水浴場のうち、慶野松原、阿万、伊毘の3カ所を開設する。沼島は、近くで津波対策の港口水門工事を実施しているため開設を見送った。

 慶野松原は、年末年始の寒波による荒波で、砂浜に最大約1・5メートルの段差が生じて開設が危ぶまれていた。自然回復で段差が緩和し、安全と判断した。

 洲本市は大浜、新都志の2カ所。淡路市は岩屋や北淡県民サンビーチ、浦県民サンビーチなど7カ所で、うち4カ所で海の家の営業も再開する。

 各市とも海水浴場への入場制限はしない。更衣室など混雑しやすい場所に消毒液を置き、砂浜やシャワー室で密集の防止を呼び掛ける看板を立てる。

 開設する海水浴場は次の通り。

 【淡路市】岩屋海水浴場、北淡県民サンビーチ、北淡室津ビーチ、江井海水浴場、尾崎海水浴場、多賀の浜海水浴場、浦県民サンビーチ【洲本市】大浜海水浴場、新都志海水浴場【南あわじ市】慶野松原海水浴場、阿万海岸海水浴場、伊毘うずしお村海水浴場

     ◇     ◇

■「淡路市夏まつり」も復活/7月24日、国営明石海峡公園

 淡路市は9日、市内最大の夏祭り「淡路市夏まつり」を、7月24日に同市夢舞台の国営明石海峡公園で開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で過去2年連続で開催を見送ったため、3年ぶりとなる。

 祭りの目玉である打ち上げ花火は、規模を縮小して実施する。例年、5千発を打ち上げていたが、今年は千発とする。会場では、地元の中高校生らが出演するステージなどを予定。感染対策のため、出店は取りやめる。

 市や市商工会などでつくる実行委員会が主催。市発足当時から毎年開催していた。例年、島内外から約5万人が集まっていた。市の担当者によると、今年は規模を縮小しているため、3分の1程度を見込んでいるという。(中村有沙)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ