兵庫県知事選
6月15日告示 7月2日投開票
ニュース
  • 印刷
津川知久氏
拡大
津川知久氏

 16年間の官僚県政によって病院や学校、公共交通機関がなくなり、地域が壊されていく現状を見た。三つの柱で県政を変えたい。

 一つ目は地域経済を守る。高校卒業まで医療費を無料化し、最低賃金は1500円にする。財源は大型公共事業を削り、暮らしのために使えばいい。地域に根付いた中小企業、農林漁業を大切にする。

 第2に原発ゼロを目指す。再生可能エネルギーを活用する先進県にする。最後に平和の問題。今朝の共謀罪強行採決を許すことはできない。「非核平和兵庫県宣言」を行い、平和を発信する。

 私にとって知事選は、教育、労働、平和などこれまで取り組んできた運動の集約。兵庫県を一緒に変えよう。

        ◇     ◇

 午前10時、神戸市東灘区のJR住吉駅南側で約350人を前に演説。共産党県委員会の松田隆彦委員長や神戸女学院大名誉教授の内田樹氏らが応援に駆け付けた。

ニュース
一覧

天気(5月30日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ