医療

医療トップへ
どうしました(健康相談)
体の不調や気になる症状について、
医師が病名や治療法などについて答えます。
皮膚
 【答え】虫刺されやあせも、小さなけがで生じた皮膚の傷に、細菌が入り込むことで発症するのが「とびひ」です。 …【医師の回答を読む
 【答え】円形脱毛症は、免疫の働きに異常が起き、毛の組織が傷付けられる病気です。根本原因は分かっていません。 …【医師の回答を読む
 【答え】汗疱状湿疹は、手や足の皮膚がむけたり小さな水ぶくれができたりする病気です。 …【医師の回答を読む
 【答え】尋常性白斑は皮膚のメラノサイトという色素細胞がやられてしまい、色が抜けて肌が白くなる病気です。 …【医師の回答を読む
 【答え】いぼは一般的に皮膚から盛り上がっている小さなできものを指し、加齢に伴いできるいぼを老人性疣 …【医師の回答を読む
 【答え】冬になると、皮膚のかゆみを訴え、受診する患者さんが増えます。空気が乾く冬は、皮膚の脂分と水 …【医師の回答を読む
 【答え】アトピー性皮膚炎の治療は、症状が悪化する「増悪期」と、症状が落ち着いている「寛解期」に分け …【医師の回答を読む
 【答え】日光角化症は、皮膚の早期がんの一つで、紫外線が原因になるといわれています。 …【医師の回答を読む
 【答え】慢性色素性紫斑とは、下肢に点状の紫斑がたくさんでき、褐色の色素斑が広がっていく症状のことです。 …【医師の回答を読む
 【答え】強皮症は、全身の皮膚や内臓、血管が硬くなる膠原(こうげん)病の一種で、やや女性に多く、30 …【医師の回答を読む
 【答え】発疹がないのに強いかゆみが続く病気を皮膚そう痒症(そうようしょう)といい、特に高齢者にみら …【医師の回答を読む
 【答え】成人型アトピー性皮膚炎は、顔面や首、胸など上半身の湿疹や乾燥がひどい▽ストレスや生活習慣の …【医師の回答を読む
 【答え】有棘細胞がんとは、体表を覆う表皮細胞のがんです。そのうちの半数以上は長期間、紫外線にさらさ …【医師の回答を読む
 【答え】乾癬は、皮膚が赤くなって(紅斑)盛り上がり、表面に銀白色のふけのようなものができて、ぽろぽ …【医師の回答を読む
 【答え】問いの方は、爪で帯状に色素が沈着した状態と考えられます。その多くは爪に黒い線があるわけでは …【医師の回答を読む
 【答え】水ぼうそう(水痘)はウイルス感染で起こり、国内の発症者数は年間100万人程度と推定され、多 …【医師の回答を読む
 【答え】ウイルスを持つマダニにかまれることで発症する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」です。 …【医師の回答を読む
 【答え】まず、かゆみの原因をできるだけ調べることが必要です。肝臓や腎臓など内臓の病気が原因の場合が …【医師の回答を読む
 【答え】アトピー性皮膚炎は子どもに多い病気ですが、思春期ごろに再発したり、成人になって初めて発症したりする人もいます。 …【医師の回答を読む
 【答え】天疱瘡は、全身の皮膚に水膨れ(水疱)がたくさんできる病気です。大きなびらん(薄皮がむけた状 …【医師の回答を読む
 【答え】原因が特定できないじんましんは特発性じんましんと呼ばれます。じんましんの約7割が特発性です。 …【医師の回答を読む
 【答え】発汗が影響する病気といえば、「コリン性じんましん」が疑われます。入浴や運動で発症しやすく、 …【医師の回答を読む
 【答え】尋常性白斑とは皮膚の色素が抜ける病気です。体の一部にだけできる「限局型」▽左右どちらか一方 …【医師の回答を読む
 【答え】水虫は「白癬(はくせん)菌」というカビの仲間(真菌)が足にすみ着く感染症です。 …【医師の回答を読む
 【答え】金属アレルギーには2種類あります。金属に触れた部分が腫れたり、かぶれたりする金属接触アレル …【医師の回答を読む

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ