連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

限界住宅 支え合うためには

  • 印刷
10人に9人が高齢者の県営西尻池高層住宅。寺田孝さんは疲れ切っていた=神戸市長田区西尻池町1(撮影・中西幸大)
拡大

10人に9人が高齢者の県営西尻池高層住宅。寺田孝さんは疲れ切っていた=神戸市長田区西尻池町1(撮影・中西幸大)

10人に9人が高齢者の県営西尻池高層住宅。寺田孝さんは疲れ切っていた=神戸市長田区西尻池町1(撮影・中西幸大)

10人に9人が高齢者の県営西尻池高層住宅。寺田孝さんは疲れ切っていた=神戸市長田区西尻池町1(撮影・中西幸大)

 動脈硬化で痛む足を引きずり、寺田孝(75)は兵庫県庁に向かった。手には1枚の便箋を握りしめていた。

 兵庫県公社殿

 本日を以(も)って 自治会を解散致しますので 御報告申し上げます

 西尻池自治会一同

 9月30日午後。県営西尻池高層住宅(神戸市長田区)自治会副会長の寺田は、県住宅供給公社神戸事務所の仲田未年生(みねお)所長に、解散届を突きつけた。

 「何とか押しとどめてほしい」

 「もう足がもたん。誰に頼んでもやってくれる人がいない」

 「一緒に汗をかかせてもらうから」。2人の間で押し問答になった。寺田はもう2カ月以上、県と同じやりとりを続けてきた。

 「とにかく私は今日限りで副会長を降りる」。寺田は我慢しきれなくなったように告げた。同席していた自治会長の早稲田輝男を残し、席を立った。

 「これでもう一住民に戻る」。どこかさみしげだった。

 何が彼らを追い込んだのか。

     ◆

 西尻池高層住宅は、阪神・淡路大震災から3年後の1998年、被災者のために造られた復興住宅だ。111世帯129人が暮らし、65歳以上の高齢化率は実に88%。大半が独居という。

 9階建てで、緊急通報システムを備えた高齢者向けの部屋が多く、平日の昼間は住民の安否を確認する生活援助員(LSA)2人が常駐する。

 自治会役員は、寺田と早稲田のみ。早稲田は仕事があり、多くの業務を寺田が一手に引き受けてきた。

 週2回、ごみ出しをチェックする。毎月末、共益費を払わない人の部屋を回り、徴収する。昼夜かまわず寄せられる住民の電話に応じる…。

 「(LSAがいない)夜とか土日に限ってやっかいなことが起こる」。認知症の疑いがある男性が下着姿で歩き回っているのを、部屋に戻したこともあった。

 住民らの衰えは、問題を深刻化させている。

 今年8月半ばの正午前、ケアマネジャーの女性が寺田のもとに駆け込んできた。重い認知症の男性(84)宅を訪れたが、内側からチェーンが掛かり、電話しても応答がないという。

 「中で亡くなっているかもしれない」

 あわてて駆けつけ、痛む足で通路からベランダの防火壁を乗り越えて入り、無事を確認した。

 「頑張ってきたんですけどね。もう、体も心も限界」

 つぶやく寺田も、震災で30歳の長女を亡くし、一人暮らす。

   ◎  ◎

 阪神・淡路大震災で家を失った被災者らがたどりつき、3万7千人が暮らす復興公営住宅。震災から20年を迎えようとする今、激しく高齢化が進んだ現場で、何が起こっているのか。

=敬称略=

(上田勇紀)

 〈災害復興公営住宅(復興住宅)〉 阪神・淡路大震災後、兵庫県や神戸市など被災自治体は約4万2千戸の復興住宅を被災者に供給。入居10年間は独自の家賃軽減制度が適用された。うち約8千戸を都市再生機構(UR)や民間から借り上げたが、2015年度から順次返還期限を迎えるため、高齢者や障害者など転居困難者への対応が現在、大きな課題となっている。

2014/11/5
 

天気(9月29日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ