連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

限界住宅 支え合うためには

  • 印刷
復興住宅の部屋でテレビを見つめる男性。ほとんど外に出ない=神戸市長田区西尻池町1
拡大

復興住宅の部屋でテレビを見つめる男性。ほとんど外に出ない=神戸市長田区西尻池町1

復興住宅の部屋でテレビを見つめる男性。ほとんど外に出ない=神戸市長田区西尻池町1

復興住宅の部屋でテレビを見つめる男性。ほとんど外に出ない=神戸市長田区西尻池町1

 畳の上の座椅子に腰を下ろし、木村明(80)=仮名=はテレビを見つめていた。一日の大半、ここから動かない。

 テーブルの上には500ミリ缶の発泡酒。棚には自ら録画したドラマのDVDが約2千枚。台所の水は、出しっぱなしになっていた。

 「楽しみは…。ビールと、テレビかな」

 聞き取るのがやっとの声で、つぶやいた。

 神戸市長田区の復興住宅「兵庫県営西尻池高層住宅」。10年ほど前、1人で越してきた。元は配管工。今日したことを尋ねると、「朝から現場に行ってきた」。時折、昔と今の記憶が交錯する。

 阪神・淡路大震災当時についても聞いてみた。「石油コンビナートの近くに住んどった」「避難所に行った」。あとはあいまいになった。

 129人が暮らす住宅で、木村が話をするのは1人だけ。9月末まで自治会副会長を務めた寺田孝(75)だ。ごみ出しの時に顔を合わせ、いつしか、あいさつを交わすようになった。

 ほかの住民の顔や名前は分からない。「ずっと話したことない。めんどくさい」。でも、寺田には「世話になっとる」と頭を下げる。

 木村にとって寺田の存在は、唯一、外とつながる“窓”だった。

     ◆

 副会長を辞める2カ月前。寺田は住民有志を率いて県庁に出向き、支援を求めた。応対したのは県住宅管理課の主幹だった。

 寺田 動脈硬化で足が限界で、自治会を続けられない。高齢者ばかりで、役員を継続する人も見当たらない

 主幹 どうして誰もできないのか理解できない。嫌がっている人も歩けるでしょう。やりたくないからしないというのは、モラルの問題だ

 寺田 ずっと募集しているが、誰も手を上げてくれない

 主幹 自分たちでできないなら、業者に頼むこともできる

 寺田 共益費の値上げにつながる

 主幹 そこは負担してもらうしか

 議論は平行線をたどった。

 あきらめた寺田は断腸の思いで、各戸に「お知らせ」を入れた。

 今後は役員の活動を大幅に縮小します。各自で住宅の保全・管理をお願い致します

 県公社の電話番号も記した。だが、その後も寺田の電話はなりやまない。高齢化率88%の住宅では、自分で問題を解決できる人はほとんどいない。

 住民にとって“窓”のような存在の寺田。その窓が閉ざされようとしていた。

=敬称略=

(上田勇紀)

2014/11/6
 

天気(9月29日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ