淡路

  • 印刷
阪神・淡路大震災を機に絵画に没頭するようになった中之内肇さんと妻の敬子さん=淡路市志筑
拡大
阪神・淡路大震災を機に絵画に没頭するようになった中之内肇さんと妻の敬子さん=淡路市志筑

 阪神・淡路大震災から17日で27年。それぞれが一日、一年をかみしめる。

 兵庫県淡路市志筑の元電気店主中之内肇さん(75)は1月17日が近づくと、阪神・淡路大震災直後に吐きながら走り回った1カ月間を思い出す。多くの家屋が倒壊した町で殺到する注文に応じ、腎臓の病が悪化した。

 志筑の中心街は壊滅状態だった。父から継いだ電気店「美聲堂(びせいどう)」は、「取り壊す前にエアコンを外して」「仮設住宅の設備工事を」などと、頼りにされた。半壊した店舗兼自宅の片付けもそこそこに奔走した。

 体調が急激に悪化した。尿毒症が進行していた。医師から「すぐに透析が必要だ」と告げられた。仕事一筋でバブル崩壊、家電不況の荒波を乗り越えただけに反動は大きく、「お先真っ暗」と途方に暮れた。働き盛りの48歳で店を娘夫婦に譲った。

 子どもの頃から好きだった絵を描くことで苦痛を忘れようとした。しかし、「一時的なもの。どん底の日々は変わらなかった」

 妻の敬子さん(73)に救われた。2004年に片方の腎臓をもらった。当時、県内で3例しかなかった夫婦間生体腎移植だった。

 その後、地元の洋画愛好家グループや県立淡路文化会館の洋画セミナーなどで創作を続け、公募展で高い評価を得た。今、「芸術は無限。仲間と絵の話をするのが楽しい」と話す。

 震災はつらい記憶の一方で、「地震がなければ自覚症状がないままもっと悪化していた。今頃は生きていない」とも考える。妻、家族、地域への感謝の日々を生きる。(内田世紀)

【特集ページ】阪神・淡路大震災

淡路震災27年
淡路の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ