淡路

  • 印刷
復興の酒「千夢酔」が今年も完成。犠牲者を悼み献杯する「淡路酒探偵団」のメンバー=千年一酒造
拡大
復興の酒「千夢酔」が今年も完成。犠牲者を悼み献杯する「淡路酒探偵団」のメンバー=千年一酒造

 阪神・淡路大震災から17日で27年。それぞれが一日、一年をかみしめる。

 兵庫県淡路市久留麻の「千年一酒造」では16日、震災復興のシンボルとして親しまれている特別純米酒「千夢酔(せんむすい)」の初搾り会が開かれた。日本酒愛好家でつくる「淡路酒探偵団」のメンバーが、犠牲者を悼み静かに杯を掲げた。

 千夢酔は、同探偵団が1995年初頭の完成を目指し、仕込みを同社に依頼した。淡路の米と水を使うなど、材料にこだわった。完成を目前に酒蔵は壊滅的な被害を受けたが、千夢酔のタンクは奇跡的に残っていた。それを見た職人たちは奮起し、翌月に酒を完成させたという。仕込みはその後も続け、今年で28年目となる。

 杜氏(とうじ)で社長の上野山善彦さんは「当時の社長は廃業も考えたと聞く。この酒のおかげで今がある」とあいさつ。メンバーらは新酒を味わった後、ひしゃくとじょうごで瓶詰めし、封やラベルを施して持ち帰った。

 同団事務局の桜井一郎さん(72)は「この日を迎える度に、皆で涙しながら酒を飲んだ記憶がよみがえる。今後も酒造りを続け、災害に備えることの大切さを伝えていきたい」と話す。

 千夢酔は一升瓶が3100円(税込み)で販売される。高田酒店TEL0799・84・0078

(内田世紀)

【特集ページ】阪神・淡路大震災

淡路震災27年
淡路の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ