教育

教育ニュース
  • 印刷
夜間中学で授業を受ける生徒=2015年7月、尼崎市立成良中学琴城分校
拡大
夜間中学で授業を受ける生徒=2015年7月、尼崎市立成良中学琴城分校

 経済事情や病気などさまざまな理由で義務教育を受けられなかった高齢者や在日外国人らが学ぶ夜間中学校の授業体験会を、兵庫県教育委員会が初めて開く。公立夜間中学のない姫路の市立総合教育センター(同市北条口3)で、9月11日と来年1月22日に実施。「学び直しの場」の周知を狙う。(佐藤健介、斉藤絵美)

 文部科学省によると、義務教育未修了者は全国で13万人近くいるとされる上、近年は不登校や外国人の児童生徒が増加傾向にある。しかし、夜間中学は10都府県34校にとどまる。

 兵庫県内には、神戸市教委が所管する丸山中学西野分校(同市須磨区)と兵庫中学北分校(同市兵庫区)、尼崎市教委が所管する成良(せいりょう)中学琴城(きんじょう)分校の3校がある。中国やベトナムなど外国籍の人を中心に65人が勉学に励んでいる。

 2017年施行の教育機会確保法は、都道府県に夜間中学の設置や拡充を要請。県教委は入学要件を緩和し、各校がある市以外の住民らも、居住市町が一定の教育費用を負担するなどの条件で、受け入れが可能となるよう調整している。

 県教委は19年度、姫路市で、民生委員を通じて住民のニーズを調査。外国籍を含む10~80代の8人が、家庭の事情や不登校などを理由に夜間中学での学習を希望、検討していたという。

 体験会は、県教委と姫路市教委が企画。夜間中学について説明を受けた後、実際に2こまの授業を受けられる。

 希望者は名前、年齢、住所、電話番号、参加希望日、話せる言語を書き、〒650-8567 神戸市中央区下山手通5の10の1、兵庫県教育委員会義務教育課へ郵送か、ファクス(078・362・4286)で申し込む。締め切りは開催日の10日前まで。問い合わせは、ひょうご夜間中学電話相談専用ダイヤルTEL078・362・9432へ。

教育の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ