エッセー・評論

遠慮深いうたた寝

  • 印刷
とかくこの世は穴だらけ(撮影・三浦拓也)

とかくこの世は穴だらけ(撮影・三浦拓也)

 毎年、大学入試の季節になると、出題ミスの話題を耳にする。問題文に脱字があったり、正解が二つあったり、一つも存在しなかったり、さまざまなパターンが出現する。英語のヒアリングテストで機械が壊れていた、というのも恒例である。

 選挙でも間違いは起こる。小選挙区と比例区の投票用紙を誤って交付する。二重の投票が発生する。職員が寝坊して開始が遅れる。去年の衆院選で最も印象深かったのは、投票箱の鍵の閉め方が分からずに15分時間をロスした、というニュースだった。担当の人はさぞかし焦ったことであろう。

2015/1/10

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ