エッセー・評論

遠慮深いうたた寝

  • 印刷
せっせと煮込む(撮影・吉田敦史)

せっせと煮込む(撮影・吉田敦史)

 J・D・サリンジャーを描いた映画「ライ麦畑の反逆児」を観(み)ていたら、戦場へ赴く息子に母親が、毛糸の靴下を送る、と言って鬱陶(うっとう)しがられる場面があった。息子は皆にからかわれるのが恥ずかしいのだ。

 どうして母親の愛情はこんなふうに誤解されがちなのだろう。ただ真(ま)っ当(とう)な愛を注いでいるだけなのに、子離れできていないとか気持ち悪いとか言われる。

2019/1/5

天気(10月1日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 40%

  • 25℃
  • 17℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

お知らせ