エッセー・評論

遠慮深いうたた寝

  • 印刷
幸福そのもの(撮影・後藤亮平)

幸福そのもの(撮影・後藤亮平)

 一人、歩いて帰りたいと思う時がある。電車にも乗らず、デパートや喫茶店に寄り道もせず、ただひたすら黙って歩く。靴擦れができても気にしない。

 そういう心境になるのは、苦しいくらい胸が一杯になってどうしようもない時だ。その気持ちを、感動などという安易な言葉で口に出してしまったら、途端にすべてが台無しになりそうで、とてもそんなもったいないことはできない。今、胸の内にあるものを、余計な何かで損なわないよう、ゆっくり、大事に歩くのだ。

2017/7/1

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ