エッセー・評論

遠慮深いうたた寝

  • 印刷
目と目で(撮影・小林良多)

目と目で(撮影・小林良多)

 何気なくつぶやいた一言が“炎上”し、思いがけない騒動に発展するこの頃であるから、私のようにお喋(しゃべ)りでそそっかしい人間は、よほど注意しなければならない。昔なら、たった一人の心の中だけで済んだ話が、今は便利な道具があるばっかりに、ややこしい事態を招いてしまう。

 普段の生活で、目の前の誰かと本音をぶつけ合う必要に迫られる局面など、実はあまりないのだ。表面上取り繕っていれば、たいていその場はおさまる。胸の内で何を思っているかは関係ない。誤魔化(ごまか)しであろうが偽りであろうが、取り敢えず、の状態に持っていければそれで十分だ。

2016/4/2

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ