明石

  • 印刷
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する稲爪神社(明石観光協会提供)
拡大
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する稲爪神社(明石観光協会提供)
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する柿本神社(明石観光協会提供)
拡大
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する柿本神社(明石観光協会提供)
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する岩屋神社(明石観光協会提供)
拡大
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する岩屋神社(明石観光協会提供)
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する住吉神社(明石観光協会提供)
拡大
パパたこが祈願者の代わりにリモート参拝する住吉神社(明石観光協会提供)

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言で外出自粛の要請が続く中、兵庫県明石観光協会は初詣や合格祈願などに神社へ足を向けられない人がリモート参拝できるサービスを始めた。メールやはがきで願いごとを送ると、同協会の観光PR隊長パパたこが代理で市内4神社に参詣。祈願者には後日、おはらいを受けたマスクが送られる。同協会は「帰省できず故郷の神社にお参りできなかった人も利用を」と呼び掛ける。(吉本晃司)

 全国で感染拡大の第3波のさなかにあった昨年末、国は初詣の自粛や分散参拝を要請。同協会は、会員の稲爪神社(同市大蔵本町)▽柿本神社(同市人丸町)▽岩屋神社(同市材木町)▽住吉神社(同市魚住町中尾)に、感染などの気兼ねなく祈願できる新たな仕組みづくりを模索。自宅からオンラインで願いごとを送れるホームページ(HP)を開設した。

 創建の由来から、稲爪神社は勝負運、柿本神社は学業成就や安産、岩屋神社は商売繁盛や豊漁、住吉神社は厄よけや海上安全などの御利益があるとされる。

 希望者はHP上でリモート参拝したい神社を選び、願いごとを書いたメールを送る。3月以降、パパたこが各神社を訪れ、印刷したメールを奉納。一緒におはらいを受けた、パパたこをあしらったマスクを祈願者に返送する。メール以外にはがきや封書でも受け付けるほか、HP上の絵馬の画像を使って願掛けしたい内容を送ることもできる。

 同協会の担当者は「今はリモート参拝を利用してもらい、コロナが収束したら実際に神社をお参りしてほしい」と話している。

 祈願メールは2月28日まで受け付ける。無料。同協会TEL078・918・5080

明石
明石の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ