明石

  • 印刷
見頃を迎えた紅梅=明石市二見町東二見
拡大
見頃を迎えた紅梅=明石市二見町東二見

 春の到来を告げる梅の花が、兵庫県明石市二見町東二見の御厨神社で見頃を迎えた。ピンクや紅色の花が連なるように次々とほころび、甘い香りを境内に漂わせている。

 同神社には拝殿裏などに、白と紅の梅の木が約300本植えられている。35年ほど前、地元ライオンズクラブが梅の木を奉納したのが始まりという。

 今年は紅梅が1月中旬から咲き始め、現在は7、8分咲き。昨今の陽気に誘われてか、ここ数日で一気に開花が進んだという。訪れた参拝者はカメラのレンズを向けたり、顔を近づけたりと、日ごとに春めく景色を楽しんだ。

 これから咲き始める白梅は、2月下旬ごろに見頃を迎える見通し。中嶋邦弘宮司(73)は「新型コロナウイルスの影響で家にいる時間も増える。気分転換に見に来てもらったら」と話す。同神社TEL078・942・3461

(長沢伸一)

明石
明石の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ