明石

  • 印刷
市職員の採用試験申込書。新しい書類(手前)では性別欄が斜線で削除されている=明石市役所
拡大
市職員の採用試験申込書。新しい書類(手前)では性別欄が斜線で削除されている=明石市役所

 性的少数者(LGBTQ+)のカップルやその子どもを家族と公的に認める新制度「明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度」を始めた兵庫県明石市は、4月から印鑑登録証明書の性別記載欄を削除する。3月市議会に条例改正案を提出しており、可決されれば、条例改正を伴う公文書の性別欄削除は同市では初めてとなる。市は「業務上の必要な場合を除き、今後も削除を進めていく」としている。(小西隆久)

 市は昨年10月から性別欄がある公文書の洗い出しに着手。613種類から、国や県などが様式を決めている240種類を除く373種類で検討した。並行して、性別欄が必要とされる基準などを示したガイドラインを策定し、書類の様式などを定める要綱やマニュアルの改正作業を進めた。

 その結果、225種類については性別欄を削除できると判断。市役所職員の採用試験申込書や市税の減免申請書など174種類で性別欄を削除した。さらに残る51種類についても、システム改修などに合わせて順次削除する。

 性別情報が必要と判断した人間ドックの受診票や、保育所の入所申込書など148種類は当面、現行のまま。ただし、男女の二者択一ではなく、「その他」「答えない」など選択肢を増やすなどして対応するよう担当課に促す。

 削除に条例改正が必要なのは、印鑑登録の原票と証明書。3月市議会で条例が改正されれば、同証明書の施行規則や再交付申請書などからも同様に性別欄を削除する。

 市は「自認する性別と合わない性を選ぶことへの抵抗や、見た目と性別が異なることで不便を感じる市民が気持ちよく手続きできるようなまちにしたい」としている。

明石
明石の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 20%

  • 24℃
  • 5℃
  • 20%

  • 22℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ