明石

  • 印刷
男子・明石高専の1区山本雄大選手(奥)から2区山本大夏選手にたすきが渡る=西脇市総合市民センター(撮影・笠原次郎)
拡大
男子・明石高専の1区山本雄大選手(奥)から2区山本大夏選手にたすきが渡る=西脇市総合市民センター(撮影・笠原次郎)
女子・明石城西の3区神谷雪妃奈選手(右)にリレーする2区安福紗耶香選手=西脇市総合市民センター(撮影・笠原次郎)
拡大
女子・明石城西の3区神谷雪妃奈選手(右)にリレーする2区安福紗耶香選手=西脇市総合市民センター(撮影・笠原次郎)

 兵庫県高校駅伝競走大会東播地区予選会(神戸新聞社など後援)は23日、西脇市総合市民センターを発着、中継点とする男子7区間(42・195キロ)、女子5区間(21・0975キロ)で行われ、明石勢は男子の明石高専が3位、明石清水が6位に入賞し、県大会出場を決めた。女子は明石城西の9位が最高で、明石北が10位、明石西11位、明石12位だった。

■昨年7位から躍進/男子・明石高専

 昨年男子7位の明石高専は順位を四つ上げ、3位に入る躍進を見せた。

 1区は昨年からチームのエースを務める山本雄大選手(3年)。区間4位でたすきをつなぎ、「風も強くて厳しい中、去年より良い順位で良かった」と、チームに勢いをつける走りに満足げだった。

 チームは一時6位に沈んだが、5~7区の選手が巻き返し、順位を一つずつ上げてフィニッシュ。山本選手は「僕がたすきをつないだ時から順位を上げてくれて、チーム全員で良い結果が出せた」と笑顔を見せた。(有冨晴貴)

■県大会出場ならず/女子・明石城西

 女子の明石城西は1、2年生のみの布陣で出場。県大会出場圏内を目指したが、及ばなかった。

 チーム内で長距離を専門にするのは、中山晴菜選手(2年)のみ。1区を任され、「後ろを走るみんなに、少しでも良いタイムでたすきをつなぐ気持ちで走った」と振り返った。

 昨年の8位から一つ順位を落とし「先輩たちに申し訳ない」と悔しさをにじませた中山選手。「まずは(来年の)総体で良い結果を出したい」と前を向いた。(有冨晴貴)

【リンク】県内地区大会の成績(会員向け記事)

明石スポーツ高校駅伝2021
明石の最新
もっと見る
 

天気(12月2日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ