明石

  • 印刷
清らかな歌声を響かせる出演団体=明石市中崎1
拡大
清らかな歌声を響かせる出演団体=明石市中崎1

 兵庫県明石市内の中学高校や地域で活動する合唱団がステージに立つ「音楽のつどい」が3日、同市中崎1の市民会館であった。小学生や高齢者大学の学生らを含む13団体約300人が参加。さまざまなジャンルの楽曲を歌唱し、美しいハーモニーでホールを満たした。

 文化・芸術活動に励む市内の団体や個人が、日頃の練習の成果を披露する「明石市芸術祭」(明石文化国際創生財団など主催)の一環。新型コロナウイルスの影響で、音楽のつどいは2年ぶりの開催となった。

 そろいの衣装や制服姿の出演者が次々と舞台に立ち、合唱曲をはじめ、童謡やポップス、バラードなどを披露。リズミカルに手拍子を打ったり、人形を登場させたりと会場を盛り上げる工夫も。マスクを通して鍛えた声量を響かせるグループも目立った。

 小中学生約15人が所属する明石中央児童合唱団は、ミュージカル映画で知られる「サウンド・オブ・ミュージック」を発表。女児(11)は「英語版の歌詞をイメージしながら練習した。本番でもうまく歌えた」と笑顔で語った。(有冨晴貴)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ