明石

  • 印刷
魚の棚商店街をにぎやかに彩る大漁旗=明石市本町1
拡大
魚の棚商店街をにぎやかに彩る大漁旗=明石市本町1

 「明石の台所」としてにぎわう魚の棚商店街(兵庫県明石市本町1)に、年の瀬恒例の大漁旗約90枚がお目見えした。大海原や魚が描かれた色鮮やかな旗が頭上高くに揺れ、歳末の風景に華やぎを添えている。

 同商店街の東西の振興組合が毎年、総延長約350メートルのメイン通りにつるしている。新型コロナウイルスの感染者数が減る中、師走に入ればいよいよ書き入れ時。商店街では12月4~8日、「歳末大売出し」と銘打ち、抽選会やビンゴ大会、子ども向けの縁日などを催す。

 魚の棚東商店街振興組合の安原宏樹理事長(49)は「年末年始に帰省する人にとっては、明石に戻ってきたと感じてもらえる場所。商店街一同、感染対策に気をつけており、安心して買い物を楽しんでほしい」と話している。大漁旗は2月末ごろまで飾られる。(松本寿美子)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ