明石

  • 印刷
明石浦漁協で水揚げされた桜鯛=明石市岬町
拡大
明石浦漁協で水揚げされた桜鯛=明石市岬町

 明石浦漁協(兵庫県明石市岬町)など明石市内5漁協で、明石鯛(だい)の主力漁法である「五智(ごち)網漁」が解禁された。同漁協によると、滑り出しの漁獲は順調で、春を告げる「桜鯛」が漁港をにぎわわせている。

 五智網漁は袋状の網で魚群を取り囲んで引き上げる漁法。魚が傷つきにくく生きのいい状態で水揚げできる。漁期は年末まで続く。

 タイは産卵のため、春先から明石海峡付近に入ってくる。この時期はメスがピンク色になっており、桜鯛とも呼ばれる。

 同漁協の土井祐介さん(45)によると、良品を見分けるこつは、目がくすんでいないことと、魚体に厚みとつやがあることという。この季節は秋のタイに比べて、さっぱりとした味わいのものが多い。土井さんは「刺し身もいいですが、カルパッチョや天ぷらにするのもおすすめです」と話している。(有冨晴貴)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(6月26日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ