明石

  • 印刷
クスノキの大木に養生させたセッコク。5月下旬にかけて開花していく=明石市明石公園
拡大
クスノキの大木に養生させたセッコク。5月下旬にかけて開花していく=明石市明石公園
兵庫県産のセッコク「播磨しだれ」=明石市明石公園
拡大
兵庫県産のセッコク「播磨しだれ」=明石市明石公園
兵庫県産のセッコク「播磨しだれ」=明石市明石公園
拡大
兵庫県産のセッコク「播磨しだれ」=明石市明石公園

 野生のラン「セッコク」が、兵庫県明石市の明石公園の花と緑のまちづくりセンターで開花している。小さく愛らしい花が甘い香りを漂わせる。(川崎恵莉子)

 セッコクは岩肌や大木に生える小型のラン。近年は乱獲や開発で数が減り、採取が禁止され、兵庫県版レッドデータブックのAランクに指定されている。同センター内のセッコクは約40種で、姫路市在住で日本石斛保存会の三村雅之さんから譲り受けた。

 風通しの良い場所で育てるため、多くの種はセンター内にあるクスノキの幹で養生しており、ピンクや黄色の花が見える。玄関には希少性の高い県産のセッコク「播磨しだれ」を展示している。細長い茎の先から真っ白な花を咲かせる。

 同センター緑の相談所長の松永龍児さん(66)は「これだけの種類を見られるのは国内でも珍しいです」と話す。見頃は5月下旬まで。

 午前9時~午後5時。同センターTEL078・918・2405

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(6月26日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ