明石

  • 印刷
タコの大部分を県外産に切り替えた「ひっぱりだこ飯」=明石市小久保2
拡大
タコの大部分を県外産に切り替えた「ひっぱりだこ飯」=明石市小久保2
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 年間に約50万個が売れる人気の駅弁「ひっぱりだこ飯」。材料のタコには長く兵庫県産を使ってきたが、史上最悪の不漁を受け、やむなく大部分が県外産に切り替えられた。幕を開けたばかりの今シーズンの水揚げに、関係者は期待をかける。(長尾亮太)

 弁当製造販売の淡路屋(神戸市東灘区)の看板商品で、明石海峡大橋の開通を記念して1998年に発売した。タコつぼを模したユニークな容器で「昔からタコつぼ漁が行われてきた明石の歴史を伝える役割も担う」(柳本雄基副社長)。

 発売後、まずは首都圏のビジネス客が関西への出張帰りに買うお土産としてヒットし、続いて地元関西でも知られる存在になった。

 材料のマダコは、明石沖を中心とする播磨灘で取れたものを県漁業協同組合連合会から仕入れていた。ところが昨夏は記録的な不漁。これを受け、材料の85%前後を昨年10月から長崎や岡山産に切り替えた。

 「まさかこんな不漁になるとは」と柳本副社長は危機感をあらわにする。「全国豊かな海づくり大会兵庫大会」の1年前に合わせて昨秋実施した記念商品販売では、売り上げの一部をタコの保護活動のために寄付した。「保護に向けた取り組みをもっとやっていけたら」と話している。

■漁期前、気をもむ地元明石の関係者ら

 2021年の明石市のマダコ漁獲量は約137トンと過去最少だった。漁期が到来する中、関係者らは「今季も不漁なのでは」と気をもんでいる。

 「例年であればゴールデンウイークごろに店頭で並べられるが、今年は少し遅れた。商売にも響く」。魚の棚商店街で鮮魚店を経営する男性(60)はうつむく。

 市に記録が残る1955年以降、マダコが大部分を占める「タコ類」の漁獲量は224トン~1505トンの範囲で推移しており、21年は異例の少なさとなった。

 魚の中には稚魚を海に放流することで漁獲量を確保できる種類もあるが、兵庫県立の水産技術センター(明石市)によると、稚ダコを量産する技術は確立されておらず、栽培漁業は行えないという。

 明石沖などでは、過去に63年と84年の2回、熊本沖で取ったタコを放流したことがあるため、他海域産の放流を提案する関係者もいる。

 一方で、県や市の担当者は「過去の放流では寒波でタコが死んだことが不漁の原因だったが、今回は海中の栄養不足が一因とされる。放流だけでは根本的な解決につながらない」などと慎重な姿勢をみせる。

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ