明石

  • 印刷
陸に引き上げられたウミガメ=明石市本町2(読者提供)
拡大
陸に引き上げられたウミガメ=明石市本町2(読者提供)
住民らによって網ですくい上げられたウミガメ=明石市本町2(読者提供)
拡大
住民らによって網ですくい上げられたウミガメ=明石市本町2(読者提供)
ウミガメを保護した人たち。この後、無事を祈りながら放した=林崎海岸沖
拡大
ウミガメを保護した人たち。この後、無事を祈りながら放した=林崎海岸沖

 兵庫県明石市本町2近くの海で24日、ブイに絡まっていたウミガメが地元住民らに救助された。市内で生きたウミガメが確認されたのは2014年以来。刺さっていた釣り針を抜いた後、住民らは無事を祈りながら同市の林崎海岸沖に放した。(有冨晴貴)

 仕事帰りに現場を通りかかった石飛哲也さん(38)によると、同日午後6時ごろ、ウミガメがブイに絡まっていたのを住民らが助けようとしていた。明石浦漁港で遊漁船を営む戸田祐平さん(45)らが騒ぎを聞きつけ、網を持って現場へ。協力してウミガメをすくい上げた。

 右前のヒレに釣り針が刺さっており、針に付けられた糸がブイに絡まっていたとみられる。戸田さんらは須磨水族館の職員や、近くの明石ほんまち動物病院の成田博繁院長(36)と相談しながら針を抜いた。その後戸田さんの船で砂浜がある林崎海岸沖まで行き、ウミガメを放した。

 成田さんによると、保護されたのはアカウミガメの若い個体と思われる。ヒレにタグが付いていたことから、別の場所で放流された個体で、迷い込んだと考えられるという。

 また、市環境創造課によると、生きたウミガメが市内で確認されたのは、2014年が最後。20年にも江井島海岸で発見されたが、保護してまもなく死んだ。同課の担当者は「ウミガメが砂浜ではなく港で発見されるとは」と驚く。保護した場合は同課に連絡してほしいと呼び掛けている。

 ダイビングが趣味という石飛さんは「誰かが釣り針を海に捨てたと思うとショック」。戸田さんも「釣り人にはマナーを守ってほしい」とし「元気に育ってくれればうれしい」と話した。

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(6月27日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ