明石

  • 印刷
ブラック星博士にちなみ紫色のヘッドマークが取り付けられたコラボ列車=明石市二見町東二見
拡大
ブラック星博士にちなみ紫色のヘッドマークが取り付けられたコラボ列車=明石市二見町東二見
全国から集まった駄じゃれを紹介している中づり広告=明石市二見町東二見
拡大
全国から集まった駄じゃれを紹介している中づり広告=明石市二見町東二見

 6月10日の「時の記念日」に合わせ、明石市立天文科学館(兵庫県明石市)と山陽電鉄のコラボ列車「シゴセンゴー・ブラック」の運行が始まっている。同館の人気キャラクターで、駄じゃれ好きの「ブラック星博士」がモチーフ。30日まで山陽姫路駅-阪神大阪梅田駅を往復する。

 日本標準時子午線が通る明石をPRしようと、2020年からコラボ列車を運行している。ブラック星博士は駄じゃれ交じりの星空解説で人々を惑わすキャラクターだが、子どもたちの絶大な人気を誇る。

 時や宇宙、明石、山陽電車をテーマにした駄じゃれを一般募集し、約800点から135点を厳選。「土星から呼び戻どせー」「いかなご漁に行かな!go!」などの駄じゃれを車内の中づり広告で紹介している。

 車体には東経135度を示す「135°E」のヘッドマークを取り付け、ドア横にはオリジナルステッカーを張っている。ブラック星博士は「電車に乗って、時や明石に興味を持ってほし(星)い」とアピールする。

 コラボ列車は、5000系の直通特急(6両1編成)が1日最大5・5往復する。運行スケジュールは山陽電車のホームページに掲載している。山電の各駅と明石駅または人丸前駅を結ぶ、駄じゃれ付き往復切符と天文科学館観覧券、オリジナルクリアファイルが付いたお得なセットも販売している。(川崎恵莉子)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ