医療

医療ニュース
  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 新型コロナウイルス感染症の院内感染を防ぐため、兵庫県立の9病院が、紫外線を照射して病室を無人で消毒するロボットを導入する。県議会が約1億円削減した議会費などを活用し、感染症の最前線で闘う医療従事者の負担軽減を図る。

 ロボットは強力な紫外線を照射することで、新型コロナやエボラ出血熱、炭疽(たんそ)菌などのウイルスに対応。病室や集中治療室、手術室などで幅広く使え、個室であれば5分間で、ドアノブや床、ベッドなどに付着したウイルスを消毒できる。

 病室の消毒は、看護師らが消毒液で備品を拭くなど1部屋当たり1時間を要していた。ロボットの導入で医療従事者の肉体的負担が軽減でき、精神的な面でも感染リスクを減らす効果が期待できる。

 導入するのは、コロナ対応の中心を担う加古川医療センターや尼崎総合医療センターなど。1台約3千万円で計2億7千万円の費用がかかるが、県議会が期末手当(ボーナス)など議会費を削減して捻出した費用と、国の地方創生臨時交付金で賄う方針。(藤井伸哉)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ