医療

医療ニュース
  • 印刷
乳がんの治療薬試験のため、クラウドファンディングでの協力を呼び掛ける神戸大病院の谷野裕一特命教授=神戸市灘区、神戸大学
拡大
乳がんの治療薬試験のため、クラウドファンディングでの協力を呼び掛ける神戸大病院の谷野裕一特命教授=神戸市灘区、神戸大学

 乳がんの再発を防ぐ治療薬の臨床試験を実施するため、神戸大学(神戸市灘区)は9日、インターネットで2千万円の寄付を募るクラウドファンディング(CF)を始めると発表した。専門サイト「レディーフォー」を通じ、12日から12月25日まで募集する。

 臨床試験では、一部患者に対し、標準的な薬とは別に効果が示唆される薬を試す。対象は、乳がんの10~15%を占めるタイプ「トリプルネガティブ」の患者。30~40代に多く発症し、唯一の治療法が抗がん剤だが、効きにくい場合は3年以内の再発率が高い。

 このタイプの転移患者に関する英国の論文では、がんを抑える遺伝子に変異がある人の場合、標準薬より保険適用外の薬「カルボプラチン」の方が、2倍近く効くという結果が報告されている。

 カルボプラチンを試す今回の試験に向け、既に神戸大病院や兵庫県立がんセンターなど全国26施設が登録。患者計270人を対象に、効果を調べる予定。

 発案した神戸大病院乳腺内分泌外科の谷野裕一特命教授(57)は「年間千人のがん再発を防ぎ、命を救うことにつながる。CFを成功させ、治療法の研究に関する良い前例になれば」と話す。

 神戸大卒業生・基金課TEL078・803・5012

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ