医療

医療ニュース
  • 印刷
動画一覧へ
世界初となる「iPS細胞由来網膜シート」の移植手術に成功した神戸市立神戸アイセンター=16日午後、神戸市中央区港島南町2(撮影・辰巳直之)
拡大
世界初となる「iPS細胞由来網膜シート」の移植手術に成功した神戸市立神戸アイセンター=16日午後、神戸市中央区港島南町2(撮影・辰巳直之)
神戸市立神戸アイセンター病院=神戸市中央区港島南町2
拡大
神戸市立神戸アイセンター病院=神戸市中央区港島南町2

 目の再生医療で、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作製した「神経網膜シート」を「網膜色素変性症」の60代女性患者へ移植手術した神戸市立神戸アイセンター病院(同市中央区)の記者会見が16日午後6時、同病院で始まった。

 中枢神経の生理的回路の再建を目指す治療は目の再生医療の「本丸」とされ、手術はその1例目。同疾患は、光を感じる網膜の視細胞が周辺から死んで視野が狭まり、最後は失明に至るもので、確立された治療法はない。国内患者は現在、推定約4万人とされる。

 今回の手術では、関西地方に住む60代女性患者に対し、10月上旬、健康な人のiPS細胞から作った視細胞になる直前の「前駆細胞」を使ったシート(直径約1ミリ、厚さ約0・2ミリ)3枚を網膜下に移植。予定通り約2時間で終了し、現在も容体は安定しているという。

 会見で、手術の詳細や患者の術後経過などの説明があった。栗本康夫院長は「末梢神経と違い、中枢神経は再生しないというのが長年の医療界の常識だった。実際に患者を治療することができ、中枢神経の再生に向けた第一歩だ。ほんの小さな1歩だが、この第1歩を無事に踏み出せて感慨深い」と述べた。

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ