医療

医療ニュース
  • 印刷
新型コロナに対応するため新設された重症患者専用の病棟=神戸市中央区港島南町2(中央市民病院提供)
拡大
新型コロナに対応するため新設された重症患者専用の病棟=神戸市中央区港島南町2(中央市民病院提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市立医療センター中央市民病院の敷地内に、新型コロナウイルス感染症に対応する病棟(36床)が完成した。神戸市によると、重症者専用は全国初。

 本館西側の駐車場(約2千平方メートル)に新設した。平屋のプレハブ2棟で、集中治療室(ICU)機能を持つ個室などがある。人工心肺装置「ECMO(エクモ)」も1台置く。

 事業費約11億円の全額を国からの交付金で賄う。施設の耐用年数は10年。11月9日に運用を始める予定。(初鹿野俊)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ