連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

いのちを学ぶ

いのちを学ぶ

 新型コロナウイルスの感染拡大で出生数や婚姻数が激減する一方、予期せぬ妊娠や生活苦に悩み、支援を必要とする妊婦が増え続ける。妊婦を孤立させず、小さな命を社会はどう守るのか。連載「いのちを学ぶ」は、性教育の現場、新しい家族の形、性の多様性など現代の「生」と「性」を見詰めたい。

卵子凍結について説明する英ウィメンズクリニックの水澤友利医師=神戸市中央区三宮町1(撮影・吉田敦史)

 所要時間約30分。全身麻酔で眠っている間に、すべて終わっていた。 兵庫県内の女性(38)は昨年、1 ...

大人の都合で子どもが苦しまないために。「自分ができることはしたい」とユーチューブ発信を続けるシオリーヌさん=神奈川県内

 パーカー姿の女性がユーチューブの画面に登場した。「皆さん、こんにちは、助産師のシオリーヌです」。 ...

講演会場に並べられたさまざまな避妊具

 全国の学校などで性教育に取り組む西宮市の思春期保健相談士、徳永桂子さん(63)の講演会が昨年11月 ...

船木雄太郎さん

 子どもたちが性犯罪の被害に巻き込まれる事件が後を絶たない。特に知的障害のある子らは被害を訴えても、 ...

千住真理子さん

 子どもたちが性犯罪の被害に巻き込まれる事件が後を絶たない。特に知的障害のある子らは被害を訴えても、 ...

「絶対、性被害に遭ってほしくない」。思いを胸に、教壇に立つ尾崎枝理子さん=神戸市須磨区南落合3(撮影・吉田敦史)

 教壇の養護教諭、尾崎枝理子さん(33)が5年生の児童らに○×クイズを出した。 「友だちの写真をSN ...

約20年前の「七生事件」について語る元教諭の日暮かをるさん=東京都内

 約20年前、東京都立七生養護学校(当時)が取り組んでいた障害児への性教育を都議会議員らが非難し、教 ...

人との距離感などを歌やダンスで教える養護教諭の船木雄太郎さん=大阪府枚方市、府立刀根山支援学校大阪精神医療センター分教室(撮影・長嶺麻子)

 電車内ではスカート姿で足を広げて座り、中学生になっても異性の先生にまとわりつく。 ...

結婚式を挙げた東根歩夢さん(左)と中川未悠さん=2021年2月(東根さん提供)

 物心がついたころから、立っておしっこをすることに憧れた。自分は「男の子」。一緒に遊ぶ男の子は草むら ...

性教育について語る神戸大大学院医学研究科の岩田健太郎教授

 “感染症のプロ”として新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に ...

1987年1月、異性間交渉で初のエイズ発病を報じる本紙

 パンデミック(世界的大流行)は新型コロナウイルスだけではない。エイズも40年を超えるパンデミックだ-。 ...

田辺義宗さん(左)と新井智尊さん。男性同士の結婚相談所を開設し、ユーチューブで情報発信も=神戸市中央区二宮町、ベストリアン(撮影・長嶺麻子)

 仕事はリモート、飲み会やコンパはなくなり、友人と会うことも難しい。新型コロナウイルスは人と人の出会いを絶った。 ...

「おかえり」。ほほ笑み合って帰路に就く2歳の子と母(45)=宝塚市内(撮影・中西幸大)

 新型コロナウイルスの感染拡大で出生数や婚姻数が激減する一方、予期せぬ妊娠や生活苦に悩み、支援を必要 ...

 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ