連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

記事特集

  • 印刷

 阪神大震災で損壊した神戸・元町の大丸神戸店が二日、二年二カ月ぶりに全館オープンした。昨春のそごう神戸店に続く全面再開で、都心のデパート復興はようやく完了した。

 大丸神戸店は、震災で七階建ての本館が損壊。売り場面積の三分の二を失い、部分営業を続けてきた。

 新店舗は地上十階、地下二階、売り場面積は震災前とほぼ同じ四万九千平方メートル。旧外国人居留地の一角にあることから、外装に御影石を使い、建物周囲に回廊を配するなど、近代洋風建築の意匠を取り入れた。

 この日は、度々入店制限を行うほどの盛況ぶり。同店は「震災前の休日を上回る十二万人が来店し、十億円の売り上げがあった」という。

1997/3/3

天気(8月18日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ