阪神

  • 印刷
伊丹市東野地域のサツマイモを使って作られた「たみまるほしいも」=伊丹市北本町3、スマイル阪神
拡大
伊丹市東野地域のサツマイモを使って作られた「たみまるほしいも」=伊丹市北本町3、スマイル阪神

 兵庫県伊丹市東野地域の活性化を目指して、地元有志の農家でつくる「伊丹サツマイモ研究会」が福祉施設と連携して作った干し芋「たみまるほしいも」を販売している。地元の小学生に栽培や焼き芋体験なども実施し、サツマイモを活用した取り組みを続けている。(村上貴浩)

 同地域では、約150年前に中国から持ち込まれた「南京桃(なんきんもも)」が特産品として盛んに栽培されていた。観賞用に珍重されたが、2012年にウイルスによる伝染病が流行し、国の指導で全ての木を処分。その跡地で始めたのがサツマイモ栽培だった。

 地元農家たちは生計を立てるため、干し芋としての商品化を考案した。「鳴門金時(なるときんとき)」や「安納芋(あんのういも)」などさまざまな種類で試作品を作り、色鮮やかでサツマイモの風味が強く残る「紅(べに)はるか」にたどり着いた。

 「伊丹-」は16年に農家の有志で「東野サツマイモ研究会」として結成。市の仲介で依頼した福祉施設「くすのき」(伊丹市中野北2)が、収穫したサツマイモを干し芋に加工する。伊丹市のマスコットキャラクター「たみまる」の名前から「たみまるほしいも」と名付けた。

 また、荻野小学校(同市荻野2)の児童らにサツマイモの栽培や焼き芋体験を通じて、地元農産物への親しみを持ってもらうなどしている。

 同研究会の阪上芳孝さん(56)は「農家として生き残るために考えたサツマイモ作りが、結果的に地域の活性化につながっている。これから芋が熟成してよりおいしくなるのでぜひ食べてほしい」と話した。

 商品は税込み432円。JA兵庫六甲阪神営農総合センターにある「スマイル阪神」(伊丹市北本町3)で販売されている。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ