阪神

  • 印刷
宝塚市小浜5の住宅街にある巨大な「首地蔵」。一つは1500年ごろの古文書にも記載があるほど歴史が深い=宝塚市小浜5
拡大
宝塚市小浜5の住宅街にある巨大な「首地蔵」。一つは1500年ごろの古文書にも記載があるほど歴史が深い=宝塚市小浜5

 「首地蔵」。兵庫県宝塚市小浜の住宅街に看板を見つけた。石段を上って首筋がゾクッ。頭だけの地蔵2体がこちらを見ている。

 高さは共に1・3メートルと、かなりでかい。地蔵どころか、大仏の大きさ。首から上の治癒や合格祈願にご利益があるそうだ。

 右の地蔵は「洪水で流れてきた」などと諸説あり、室町時代の文書にも、全国から参拝者あり-と記される。左は1977(昭和52)年に住民らが作ったものらしい。

 東大寺によると奈良の大仏は5頭身の設計で、もし立ち上がれば約25メートルになるようだ。ということは、この地蔵に首の下があれば7メートルほどか、と考えたら叱られた気がした。宝塚だけに、歌劇トップスター並みに9頭身ですか。えぇっと…12メートル。

 妄想癖、治りますか?(村上貴浩)

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ