阪神

  • 印刷
日米友好のサクラとして、米国から贈られた「里帰り桜」。瑞ケ池公園内に植樹されている(伊丹市提供)
拡大
日米友好のサクラとして、米国から贈られた「里帰り桜」。瑞ケ池公園内に植樹されている(伊丹市提供)
桜をテーマにした記念商品
拡大
桜をテーマにした記念商品

 日米友好のシンボルとして米国ワシントンに植樹されているサクラの産地である兵庫県伊丹市は、市内の茶屋や酒造会社と連携し、桜にまつわる商品を販売している。桜の香りが漂うお茶やせんべいなど4品で、4月中旬頃まで市内の観光物産コーナーなどで購入できる。(久保田麻依子)

 伊丹市によると、明治時代後期、米国にサクラ並木を植樹する計画で、日本三大苗木産地として栄えた伊丹市東野村(現在の同市東野地区)のソメイヨシノの台木が選ばれ、1912年に米国に贈られたという。

 「友好の桜」寄贈100周年に当たる2012年から、毎年春に記念商品の販売を実施。桜の葉の香りがする成分が含まれる茶葉「桜の葉の香りするお茶」(みどり園)▽赤米を使った桜色の日本酒「古代しぼり」(老松酒造)▽桜葉の塩漬けを練り込んだ花びら形の「さくらせんべい」(三喜屋)▽桜の花と葉が入った緑茶と紅茶のセット「さくらふわり」(香島園)-の4品。市のマスコットキャラクター「たみまる」が、日本と米国の国旗を掲げる愛らしいイラストがあしらわれている。

 市内の瑞ケ池公園には、寄贈90周年と100周年を記念し、米国から贈られた「里帰り桜」が植えられている。22年秋にオープンする新庁舎の周辺にも里帰り桜がお目見えする予定という。担当者は「記念商品を手にとって、伊丹産のサクラと日米の交流を知ってもらうきっかけにしてほしい」としている。

 販売場所は商品によって異なる。市都市ブランド・観光戦略課TEL072・744・2088

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(4月18日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 40%

  • 14℃
  • 7℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 40%

  • 16℃
  • 10℃
  • 40%

お知らせ