阪神

  • 印刷
大阪府への移転が決まったモンパルナス=尼崎市神田中通1、モンパルナス
拡大
大阪府への移転が決まったモンパルナス=尼崎市神田中通1、モンパルナス
モンパルナスの店内に並ぶ名物のピロシキ=尼崎市神田中通1、モンパルナス
拡大
モンパルナスの店内に並ぶ名物のピロシキ=尼崎市神田中通1、モンパルナス
店やピロシキについて語る古角武司社長=尼崎市神田中通1、モンパルナス
拡大
店やピロシキについて語る古角武司社長=尼崎市神田中通1、モンパルナス
パルナスのCMの映像
拡大
パルナスのCMの映像

 「♪パルナス、パルナス、モスクワの味」と記憶に残るCMソングで一世を風靡した「パルナス製菓」(廃業)のピロシキを唯一扱う兵庫県尼崎市のカフェベーカリー「モンパルナス」が3月末で閉店、移転することが分かった。「尼のパルナス」と呼ばれて親しまれたが、コロナ禍で経営に大打撃を受け、47年の歴史に幕を下ろして大阪府豊中市へ移り再起を期す。

 モンパルナスは阪神尼崎駅南側にあり、神戸・三宮の百貨店神戸阪急の「ピロシキ屋」と並び、兵庫県内で老舗のピロシキ販売店で知られる。

 ケーキ製造会社「パルナス製菓」は80年代に近畿一円で約280店舗を出店。74年に創業家が独立開業したのが「モンパルナス」だ。パルナスが2000年に営業を終了しても、その味を守り店内で提供してきた。

 しかし、コロナ禍で客足が遠のき、売り上げは半減。夜は営業しないため緊急事態宣言下で協力金も受け取れず、家賃の支払いにも窮するようになったという。

 このため現在の65席を20席に減らし、大阪府豊中市の阪急宝塚線庄内駅近くで再起を目指す。5月1日のオープンを予定している。

 古角武司社長(61)は「尼崎は店を育ててくれた街。いつか帰ってきたい」と話す。

     ◇

 ♬グっとかみしめてごらん ママの温かい心が

 お口の中にしみ通るよ パルナス

 甘いお菓子の お国の便り おとぎの国のロシアの夢のおソリが運んでくれた

 パルナス パルナス モスクワの味

 パルナス パルナス パルナス♫

 パルナス製菓のこのCMソングは、哀調を帯びたメロディーが印象的だ。赤ちゃんが笑い、湖畔で少女が踊り、子どもが老人とおいしそうに笑ってケーキやピロシキを食べるアニメバージョンもあった。ピロシキはもっちりとして、多めのゆで卵にコショウが利いている。

 パルナスは1952年、古角武司社長の父・伍一さんと伯父の松夫さん(いずれも故人)が創業し、モンパルナスは伍一さんが独立して開いた店だった。

 武司社長によると、開業した74年当時、阪神尼崎駅周辺には県立尼崎病院があり、お見舞いや贈答用として驚くほど売れた。病院が移転すると売り上げは減ったが、クリスマス用のケーキや、正月のあいさつ回り用ケーキセットなどは根強い人気だった。

 商売人かたぎの伍一さんはよく新事業に挑戦していたといい、80年代には弁当店「かまどや」のフランチャイズに参加。大きな利益を上げられると考え、独立して弁当店を開き、阪神間などに5店舗を構えたこともあったという。

 2000年にパルナスは営業を終え、モンパルナスだけが残って武司さんが社長を継いだ。

 店内販売に加え、10年ほど前からは百貨店の催事コーナーにも出店した。客からは「子どもの頃、パルナスのケーキを親に買ってもらうために泣いてお願いした」「亡くなった父親がピロシキを買ってくれたことを思い出した」などの声が寄せられたという。

 武司社長は「ありがたいことに『関西のピロシキは尼のパルナス』というイメージが定着している」と改めて気付かされたという。

     ◇

 昨年来のコロナ禍で経営は一変した。店の常連客は高齢の人が多く、感染対策で座席数を半減させたことなどもあり、客足が一気に途絶えてしまった。

 武司社長がホームページで「助けてください」と窮状を訴えると、熱狂的なファンたちがネット上などで支援を呼びかけた。ピロシキのネット通販は一時話題となって生産が追い付かなくなったこともある。しかし、感染の「第1波」が過ぎて緊急事態宣言が明けてからは、その熱気も冷めてしまったという。

 なんとかこの場所で続けたいと思ったが、協力金も受け取れず、家賃の支払いもままならなかった。

 「ご飯は食べないとダメだが、お茶はわざわざ店まで来て飲まなくてもいいもんね」と武司社長は苦笑いする。廃業の二文字が頭をよぎった。

 「今まで愛してくれたお客や創業以来の伝統を考えると、やっぱり簡単にはやめられない」。この思いが武司社長に前を向かせた。

 移転先は、阪神尼崎駅と同じように鉄道駅の付近で、従業員8人が通勤しやすく、そして、なじみ客が足を延ばせば来てくれる場所を探し回った。

 見つけたのが、大阪府豊中市の阪急宝塚線庄内駅だ。兵庫県外になるとはいえ、今の店から直線距離にして北東約6キロ。3月末で尼崎の店を閉じてから開店準備を本格化させる。

 「モンパルナスのため、ピロシキのため、と生きてきた。諦めるわけにはいかない」

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(8月5日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 36℃
  • 24℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ