阪神

  • 印刷
飲食店が並ぶ雑居ビルも人通りは少ない=伊丹市中央1(撮影・大田将之)
拡大
飲食店が並ぶ雑居ビルも人通りは少ない=伊丹市中央1(撮影・大田将之)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く兵庫県・阪神北地域の5市町(伊丹、宝塚、川西、三田市と猪名川町)が「まん延防止等重点措置」の対象に追加されることになった。5市町を管轄する県の健康福祉事務所(保健所)では患者対応の電話が鳴りやまず、てんてこ舞いの状態が続く。各自治体担当者は「(追加が)感染拡大の抑制につながってほしい」と願う。(中川 恵、久保田麻依子、小森有喜、村上貴浩)

 15日発表の新規感染者数は県内で過去2番目に多い493人。このうち阪神北地域の5市町は100人を超える。県伊丹健康福祉事務所(伊丹、川西市、猪名川町)と県宝塚健康福祉事務所(宝塚、三田市)は患者数が増え、聞き取り調査や検査の調整、問い合わせなどの対応に追われている。担当者は「一生懸命努力はしているが、日に日に状況が変わる」とこぼす。

 伊丹市では7日以降、県伊丹健康福祉事務所管内を含め1日の新規感染者数が2桁に乗り、伊丹市危機管理室の井手口敏郎室長は「感染者の急増が顕著に表れている」と危機感を募らせる。宝塚市も毎週、安心メール(防災メール)で不要不急の外出自粛などを呼び掛けるが、宝塚市総合防災課の伊津圭一郎課長は「急激に感染が拡大している。(追加で)少しでも抑制できたらと思う」とする。

 三田市商工会は「今でも事業者は業態を変えたり、シフトを工夫して従業員の雇用を維持したりと大変な状況だ」と話す。措置が5月5日まで続くことに「観光農園など大型連休の人出を見込んでいる事業者にとっても影響が大きい」と頭を抱える。

 宝塚市栄町2でブティックを経営する男性(73)は「店に足を運ぶ人はほとんどいないが、先が見えない中で我慢するしかない。必要な対策であることは理解できる。ただ、感染者が増えては規制し、減っては解除するの繰り返し。対策にもっとメリハリをつけられないものか…」と複雑な表情を見せた。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(5月9日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ