阪神

  • 印刷
市バスに取り付けられた受信機が徘徊中の男性の位置情報を受信した現場周辺=伊丹市桑津3
拡大
市バスに取り付けられた受信機が徘徊中の男性の位置情報を受信した現場周辺=伊丹市桑津3
男性の父親が発信器を身に付けた状態で移動し、地図上に通過地点が記録されたスマートフォンの画面
拡大
男性の父親が発信器を身に付けた状態で移動し、地図上に通過地点が記録されたスマートフォンの画面

 兵庫県伊丹市内の通学路などに防犯カメラを設置し、高齢者や児童を見守る「まちなかミマモルメ」事業で3月、認知症で徘徊していた市内の高齢男性(76)の位置情報を運行中の市バスが受信したことで、家族が無事に発見できた。息子で市職員の男性(39)は徘徊に対応する難しさを語り「ミマモルメがなければ途方に暮れていた。命を助けてもらった」と当時を振り返った。(久保田麻依子)

 「ミマモルメ」事業は2016年1月にスタート。利用者が500円玉ほどの発信器「ビーコンタグ」を身に付け、受信機の近くを通ると、登録したスマートフォンのアプリに居場所が通知される。受信機は市内の電柱など1200カ所に設置し、1月には市バスの全93台に移動式受信機を導入したばかりだった。

 職員によると、父親は2年半ほど前から徘徊が始まり、多い時は毎月のように行方不明になった。西宮、芦屋市内で警察に保護されたり、尼崎市の沿岸部で救急搬送されたりしたため、家族が「ミマモルメ」に登録して父親の財布の中にビーコンタグを入れていた。

 3月7日昼ごろ、JR伊丹駅と大阪(伊丹)空港を結ぶ市バスの受信機がトンネル内で、父親の居場所を受信した。職員が川西市内で買い物中、スマホを見て気付くと、実家の母親に連絡して自身も急行。数十分後に大阪府豊中市側で発見したという。

 自宅から5~6キロほど歩いたとみられるが「疲れた様子やけがはなく、ただただホッとした」と振り返る。市バスの履歴のほか、144メートルごとに設けた受信機の地点からも、数分ごとに通過履歴が送られていた。

 市都市安全企画課によると、発見された現場は豊中市との市境付近で「移動式受信機とすれ違ったからこそ、市域外でも検知ができた」と効果を説明する。

 ミマモルメは主に市内の小学校低学年の児童と保護者が利用し、高齢者家族は176件の登録がある。導入から5年で街頭犯罪の認知件数は7割近く減ったといい、同課の中西慎二主幹は「行方不明者の救助報告を受けたのは初めて。今後も日本一安全なまちづくりに向けて力を入れたい」と語った。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(5月12日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ