阪神

  • 印刷
在宅療養者への往診について語る、西宮市医師会の(右から)伊賀俊行会長と勝部芳樹副会長=西宮市染殿町
拡大
在宅療養者への往診について語る、西宮市医師会の(右から)伊賀俊行会長と勝部芳樹副会長=西宮市染殿町

 新型コロナで自宅療養者が激増した感染「第4波」を巡り、兵庫県西宮市医師会では、医師たちが保健所の依頼で患者宅へ往診することになった。その成果もあってか在宅療養中に亡くなった人はいないが、医師たちは葛藤に苦しんでいるという。できる治療は限られ、思うような検査もできない-。伊賀俊行会長ら医師4人が取材に応じ「使命感だけで往診を続けるには限界がある。入院治療できる態勢を早急に整えるべきだ」と訴えた。(中川 恵)

 西宮市医師会は会員約850人で、480の病院や診療所が所属している。5月の連休ごろに病床の逼迫や在宅療養者の重症化が伝えられ、当初は有志の7、8人で往診を始めた。現在は40人弱が携わっている。

 患者宅へ行く際には、訪問看護師や薬剤師、在宅酸素メーカーの社員にも同行してもらう。ただ、家の中は病院と違って動線分けができておらず、防護服に着替える場所もほとんどないため、感染リスクが高い。コロナワクチンを未接種で活動せざるを得なかった訪問看護師もいて、訪問後に感染が分かったケースもあったという。

 さらに重症化した在宅患者には、いち早く高濃度酸素を施し、炎症を抑えるステロイド剤を投与した。本来ならエックス線や血液の検査をして症状を確認しなければならないが、それが在宅では難しい。医師らは「これはあるべき姿ではない」と語気を強める。

 伊賀会長は今後、ワクチン接種が進み、死者や重症者が減れば、おのずと事態は改善されると期待する。

 その上で、病院や診療所も感染対策に追われているとして市民に呼び掛ける。「発熱しているときは連絡してから来院するなど、ルールを守ってほしい。ワクチンも早く打ちたい気持ちは分かるが、数カ月程度待てば接種できる。予約は先着制だが、限りがあるわけではないので理解してほしい」

阪神新型コロナ
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ