阪神

  • 印刷
美しい羽を広げたオオムラサキ=川西市萩原台西3
拡大
美しい羽を広げたオオムラサキ=川西市萩原台西3
飼育ケージ内でオオムラサキを観察する児童=川西市萩原台西3
拡大
飼育ケージ内でオオムラサキを観察する児童=川西市萩原台西3

 日本の国蝶「オオムラサキ」が、兵庫県川西市立明峰小学校(同市萩原台西3)で羽化している。広げた羽が太陽光に照らされて色彩を放つと、児童らは「きれい」と見入っていた。

 沖縄を除く日本全国に生息。羽を広げた大きさは約10センチで、雄の羽色は鮮やかな青紫をしている。環境省のレッドリストで「種の存続への圧迫が強まっている」とする準絶滅危惧種に指定されている。

 同校では、市内の自然保護団体「身近な自然とまちを考える会」の提案で、観察用に飼育ケージで幼虫から育てている。

 同団体の石津容子副会長(71)は「成長の過程を見ることで、自然との共生について学んでほしい」と話した。(斎藤雅志)

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ