阪神

  • 印刷
西宮市が導入する「その他プラ」の指定袋のデザイン原案
拡大
西宮市が導入する「その他プラ」の指定袋のデザイン原案
西宮市が導入する「燃やすごみ」の指定袋のデザイン原案
拡大
西宮市が導入する「燃やすごみ」の指定袋のデザイン原案

 家庭ごみの減量や分別を進めようと、兵庫県西宮市は来年4月から、ごみ回収に指定袋を導入する。市によると、全国62の中核市で指定袋を導入していないのは西宮のみ。2003年に全国で初めて「環境学習都市」を宣言しながら、ごみ問題への取り組みが遅れており、汚名を返上しようと、ようやく重い腰を上げた。(山岸洋介)

 市美化企画課によると、市民1人が1日に出すごみ量は13年度まで1キロを超えていた。年々減少し、19年度は948グラムまで減ったものの、近年は減り方が鈍化。19年度の全国平均は918グラムだった。

 家庭から出る「生活系ごみ」の年間量は、28年度に約8万トンまで減らす目標だが、現状で推移すれば目標を約2千トン上回る見込みという。

 市の「環境学習都市宣言」では、市民と行政が協力して自然を守り、良好な環境を次世代に引き継ぐことをうたう。ところが市民の大半は中身の見えない黒い袋でごみを出し、分別も徹底されていないほか、資源化量やリサイクル率は年々低下しているのが現状だ。

 市が全国の政令市や中核市、近隣市町に尋ねたところ、指定袋を導入した自治体では生活系ごみが13%減少。ごみ処理手数料を上乗せして販売する「有料指定袋」の自治体では、15%減少していた。市は有料指定袋の導入も検討したが、市民の負担を抑えるため、手数料を上乗せしない指定袋とした。

 デザインは公募し、145作品から市花の桜や西宮のマリーナをあしらった作品が選ばれた。市の担当者は「遅ればせながら、ごみ減量と分別の新たなスタートラインに立てた。宣言に恥じないよう資源化に努めたい」としている。

 県内で指定袋を導入していないのは、今年6月導入の加古川市を除くと芦屋市、猪名川町のみとなる。

阪神
阪神の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 26℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ