阪神

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県芦屋市で新型コロナウイルスのワクチンを1回接種した高齢者(65歳以上)の割合が8日時点で約6・4%にとどまり、県全体の18・22%を大きく下回っていることが分かった。医療機関での個別接種の遅れが原因とみられる。市町ごとの接種率について、県は「競争をあおる」として公表していないが、阪神間の市町では独自に公表する動きも出てきている。(大田将之)

 芦屋市は9日の民生文教常任委員会で議員に質問されて明らかにした。

 市によると、個別接種のスタートが想定より1カ月半ほど遅れ、その影響で接種率も伸び悩んでいるという。背景には、予約の受け付けを巡る混乱があった。

 そもそも市では、個別接種の予約を各医療機関が個別に受け付ける想定だった。だが、4月に市が接種券を配ると、問い合わせが殺到して病院業務に支障が出るようになり、市は「通常の医療体制を確保できなくなる」と判断。急きょ、受け付けを集団接種と合わせて市で一本化することにしたため、態勢整備に時間を要して個別接種のスタートが遅れてしまったという。

 市は、個別接種を28日から始める予定で、希望する高齢者は7月末までに接種を完了できる見込みという。健康課は「手探りしながら最善の方法を選んでいる。心配をお掛けしてしまい申し訳ない」とする。

    ◇

 内閣官房のウェブページによると、県内の高齢者の接種率は10日時点で20・71%。市町のデータは非公表で芦屋市の立ち位置は分からないが、同市は「遅れていると言われれば否定はできない」とし、今後、接種率を公表すべきかどうか検討するという。

 独自の判断で既に公表している自治体もある。

 伊丹市は6日時点で34・7%。担当者は「安心につながる情報は、なるべく市民に伝えたい」とする。

 西宮市は実数は出さないまでもグラフ上でおおよその割合を表示。尼崎市や猪名川町もホームページなどでの公表準備を進めているという。

 これに対し、川西市は「近隣市と競争状態になれば市民の不安をあおりかねない」とし、公表する予定はないという。

 内閣官房によると、市区町村の接種率は参考情報として都道府県に提供しているが、公表はしないように伝えている。ただし、各市区町村が独自に公表することについては「止めるものではない」としている。

阪神新型コロナワクチン
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ