阪神

  • 印刷
感謝状を受け取る尾崎勝利さん=芦屋署
拡大
感謝状を受け取る尾崎勝利さん=芦屋署

 特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、兵庫県警芦屋署は16日、芦屋高浜郵便局(芦屋市高浜町)の課長代理、尾崎勝利さん(45)に感謝状を贈った。被害に遭いそうになった79歳の女性をすかさず救えたのは、半年前の悔しい出来事があったからだという。

 同署によると5月24日午後1時40分すぎ、女性が携帯電話で通話しながら郵便局に入ってきた。窓口に「ATMはどこですか?」と尋ねた後、携帯電話を耳に当てたまま現金自動預払機(ATM)へ向かった。

 その様子を見ていた尾崎さんはピンときたという。

 〈電話しながらATMって、まさに研修で学んだ詐欺被害の典型じゃないか〉

 すぐ上司に「詐欺じゃないですか」と耳打ちした。

 上司と2人で後を追うと、女性は通話しながらATMを操作していた。上司が女性から携帯を受け取り、電話の相手に「(女性の)知り合いです。あなたは誰ですか」などと問うと、通話は切れたという。

 「まさか自分がだまされるとは…」とショックを受けて震える女性に、尾崎さんは上司と共に「被害に遭う前に防げたので大丈夫ですよ」と声を掛けた。女性は市職員をかたる何者かから「保険金の還付がある」などと電話でうそをつかれて訪れていたという。

 実は、尾崎さんが今年1月に勤めていた芦屋駅前郵便局で、特殊詐欺の被害があった。「なぜあの時、防ぐことができなかったのか」。それ以来、利用客の様子には今まで以上に目を配るようにしていた。だからこそ「電話」と「ATM」の組み合わせに「ピンときた」という。

 感謝状を受け取った尾崎さんは「とにかくお客さまの大切なお金を守ることができて良かった。この経験は同僚にも伝えたい」と語った。(大田将之)

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ