阪神

  • 印刷
応援用のうちわやミニフラッグ。鉢巻きには選手が「最高の応援頼むで」「絶対勝つ」などとメッセージを記した=ほっともっとフィールド神戸(撮影・大田将之)
拡大
応援用のうちわやミニフラッグ。鉢巻きには選手が「最高の応援頼むで」「絶対勝つ」などとメッセージを記した=ほっともっとフィールド神戸(撮影・大田将之)

 鉢巻き、うちわ、ミニフラッグ、横断幕…。全国高校野球選手権兵庫大会で関西学院(兵庫県西宮市)が勝ち上がるたび、応援席にはエールを届けるためのグッズが続々と登場した。

 コロナ禍で声を出すことが制限される中、応援団とマネジャーが知恵を絞り、5回戦以降、毎回違うものを手作りし選手の活躍を願った。試合前にはメッセージ動画も作って鼓舞した。

 勝つたびに球場から材料の調達に直行。次戦まで1、2日間しかない中、教室で協力して仕上げた。決勝戦ではえんじ色の横断幕が登場し「感動をありがとう 掴み取れ甲子園」の文字が躍るように揺れた。

 マネジャーの3年川瀬智恵理さんは、作りながら選手たちとの3年間を思い出したという。「みんな、体も心もすごく大きくなって…。こんなにすてきな舞台に連れてきてくれて幸せです」と目をうるませた。

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ