阪神

  • 印刷
場面に効果音などをつけてアニメに仕上げていく=7月28日、西宮市内
拡大
場面に効果音などをつけてアニメに仕上げていく=7月28日、西宮市内

 子ども向けの職業・社会体験施設「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市甲子園八番町)がこのほど、映像クリエーターのオンライン仕事体験プログラム「アニメーションスタジオ」の記者体験会を開いた。神戸新聞阪神総局からは私、浮田志保が参加した。

 同プログラムは、キッザニアのキャラクターで男の子の「ウルバノ」、妹の「ビータ」らを使ってアニメを作る。報道関係者十数人が3チームに分かれ1本ずつを完成させた。

 私に与えられたのは、ウルバノが両手を広げ、星々の空間を漂う動画。「自由に想像して作りましょう」と助言され、せりふやマークを入れていく。

 宇宙飛行士の姿を見て、夢がかなって喜んでいるのかな…と考え、「FUN!(楽しい)」のせりふを入れた後、「ぽよよ~ん」の効果音を選択。再生すると、なんだか間の抜けた感じ…。そこで拍手が響き渡る音に変えることにした。

 パチパチパチ! これなら、大勢に祝福されているみたい。ちょっと手を入れるだけで、人物が生き生きしてくるのが面白い。

 キッザニアの日本上陸15周年を記念し、ほかにもたくさんのプログラムが用意されている。同プログラムは子どもを対象とし、31日まで楽しめる。(浮田志保)

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(9月19日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ