阪神

  • 印刷
尼崎市役所=尼崎市東七松町1
拡大
尼崎市役所=尼崎市東七松町1

 兵庫県尼崎市立小学校の教諭が新型コロナウイルスに感染しながら出勤していた問題で、同市は3日、この教諭が担任する児童2人の陽性が判明したと発表した。ただ、教室では全員がマスクをしていたため教諭の濃厚接触者はいないとしており「感染経路は不明」とした。

 市によると、児童の1人は無症状で、もう1人は発熱の症状を訴えたが回復した。2人の濃厚接触者は確認されていない。

 この小学校では8月30日に教諭が感染の事実を隠して出勤していたことが発覚。翌31日から臨時休校とし、接触した可能性がある他の教員や児童計38人にPCR検査をしたところ、児童2人が陽性となった。

 小学校は、児童が在籍する学級の教室や下足室などの消毒を済ませ、9月6日に保護者会を開いて7日にも学校を再開する方針。(西尾和高)

【関連記事リンク】新型コロナ陽性を隠し小学校で授業「体調改善したので」 教員や児童検査のため臨時休校

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

阪神新型コロナ
阪神の最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ