阪神

  • 印刷
274回のフルマラソン完走経験があることから、「走り続ける文具屋さん」として親しまれる官浪伸次さん=尼崎市御園町、本田盛文堂尼崎
拡大
274回のフルマラソン完走経験があることから、「走り続ける文具屋さん」として親しまれる官浪伸次さん=尼崎市御園町、本田盛文堂尼崎
業界43年の経験を詰め込んだ「ぶんぼうぐ温故知新」
拡大
業界43年の経験を詰め込んだ「ぶんぼうぐ温故知新」
今年になって廃盤された「オレンジEG」
拡大
今年になって廃盤された「オレンジEG」
2021年発売の手動鉛筆削り「ハシレ! エンピツケズリ!」。前後に走らせると鉛筆が削れる
拡大
2021年発売の手動鉛筆削り「ハシレ! エンピツケズリ!」。前後に走らせると鉛筆が削れる
ロングセラーとなっている液体のり「アラビックヤマト」
拡大
ロングセラーとなっている液体のり「アラビックヤマト」

 鉛筆にボールペン、ノートにファイル…。文房具をこよなく愛し、開発のルーツや機能美を熟知する男性が兵庫県尼崎市にいる。阪神尼崎駅近くの文具店「本田盛文堂尼崎」(同市御園町)に勤める業界歴43年の官浪伸次さん(65)。コロナ禍で生まれた時間を使い、124種の文房具の魅力を詰め込んだ自作のガイド本2冊を発行した。「たかが文房具、されど文房具。その奥深さにきっと魅了されるはず」とほほ笑む。(竹本拓也)

 ガイド本「ぶんぼうぐ温故知新」はA5判各63ページ。1ページにつき1アイテムを載せ、自身の思い出や、開発秘話を交えた文を添える。

 素材は、自身が10年余り書きためてきた「ネタ帳」だ。仕事中、鉛筆でイラストを描き、メーカー担当者とのやり取りやデザインの特長、CMのフレーズも細かくメモしてきた。

 これまで月1回、文房具の雑学ニュースを発行し、市民向けの「文具塾」も開いてきた。それでも「秘密にしてきたこともある。今回は惜しげもなく出した」といたずらっぽく笑う。

    ◇    ◇

 例えば、使い切り油性ボールペン「オレンジEG」。このペン軸は誰でも一度は見たことがあるだろう。

 フランスの筆記具メーカーが1961年に発売し、優れたデザイン性と機能性で大ヒット商品となったが、ガイド本ではこう記す。

 「世界の愛用者に惜しまれながらも製造中止となりました。残念ですね(泣)」。今年ついに廃盤が決まったと明かし、素直な思いをつづった。

 今年の最新文具も取り上げ、車を前後に走らせるだけで鉛筆が削れる「ハシレ! エンピツケズリ!」には「遊びながら学べるまさに新感覚」と大絶賛する。

 手の力で回して削る従来の手動鉛筆削りが「重くて難しい」と感じる子どもが多く、その欠点を改善するために開発されたという。

 ロングセラー商品の開発秘話も。中でも75年発売の液体のり「アラビックヤマト」は滑らかで均一な塗り味が秀逸だ。実は当初、キャップ部分にスポンジが検討されたが、実験を重ねた結果、網状の「ざる」にたどり着いたという。

    ◇    ◇

 大学生だった72年に発売された電卓「カシオミニ」に感銘を受け、文房具の世界へ。卸会社、店舗勤務、販売店経営を経て、4年前から本田盛文堂尼崎に勤める。

 文房具を多角的に眺め、絵に描くことで少しずつ気付くという。

 「ギザギザや凹凸にどういう意図があるのか。なぜ途中から細いのか。そういうことを尋ねると、メーカーに喜ばれるんです」

 一つ一つを見るほどに、人の身体になじませる工夫は「細部」に宿っている。

 ガイド本は裁断や穴開け、リング製本まで全て手作業で仕上げた。今年5月に第1巻を発行して終わる予定だったが反響が大きく、8月末に続編を出した。

 各巻600円(税込み)。同店の店頭かホームページから購入できる。同店TEL06・6412・1547

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ