阪神

  • 印刷
「漫才・コントなどの部」で大賞に輝いた「オノマトペ」のあるとさん(左)と山元まおさん=アルカイックホール・ミニ
拡大
「漫才・コントなどの部」で大賞に輝いた「オノマトペ」のあるとさん(左)と山元まおさん=アルカイックホール・ミニ
出番を待つ出場者の顔は真剣そのもの=アルカイックホール・ミニ
拡大
出番を待つ出場者の顔は真剣そのもの=アルカイックホール・ミニ
唯一コントで本選会に進み奨励賞に選ばれたコンビ「ダンス・ダンス・ダンス」=アルカイックホール・ミニ
拡大
唯一コントで本選会に進み奨励賞に選ばれたコンビ「ダンス・ダンス・ダンス」=アルカイックホール・ミニ
優秀賞と観客賞を受けたコンビ「ファンファーレと熱狂」=アルカイックホール・ミニ
拡大
優秀賞と観客賞を受けたコンビ「ファンファーレと熱狂」=アルカイックホール・ミニ
授賞式後に記念撮影に応じる出場者=尼崎市昭和通2、アルカイックホール・ミニ
拡大
授賞式後に記念撮影に応じる出場者=尼崎市昭和通2、アルカイックホール・ミニ

 若手芸人の登竜門として定着した兵庫県尼崎市の「新人お笑い尼崎大賞」の本選会が26日、アルカイックホール・ミニ(昭和通2)であった。笑い声のはじける会場と、緊張感に包まれた舞台裏にカメラを向けた。

 尼崎市文化振興財団などでつくる実行委員会の主催で22回目。大賞には、漫才・コントなどの部で2人組の「オノマトペ」、落語の部で無敵亭大我(むてきていたいが)さんが輝いた。これまで芸人の友近さんや、ゆりやんレトリィバァさんが入賞している。

 今年は両部門合わせて187の応募があり、映像審査による予選で選ばれた漫才・コントなどの部10組と落語の部6人が本選会で芸を披露。観客を笑いの渦に巻き込んだ。

 3回目の挑戦で大賞を手にした「オノマトペ」のあるとさん(23)は「やっと結果を出すことができた」と目を細め、山元まおさん(23)は「子どもたちに人気の芸人を目指す」と目標を語った。(斎藤雅志)

阪神
阪神の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ